ステップワゴンがスゴい

CMでもバンバン流れていますが、新型ステップワゴンのデザインが話題になっています。ワクワクゲートという名前の後部ドアが上下左右に開くしくみになっており、通常通りの荷物の積み下ろしはもちろん、子供がかんたんに3列目シートに乗り降り可能となっており、ファミリー向けミニバンとしてかなり魅力的なデザインとなっていますね。

ただ、残念なことに現状ではハイブリッドモデルのラインナップはなく、低燃費思考のファミリー向けミニバンとしてはかなり痛いことになっています。実際のところ、ハイブリッドモデルは数十万円価格が上がる傾向があるので、トータルコストでいったらあまり変わらないことになるのが常なのですが、コスト面を考慮せず、単に燃費だけを見ている家庭にとっては魅力的に映らない可能性はあります。

とはいえ、他にはないデザインはよいように見えるでしょう。そもそもステップワゴンはモデルチェンジが久々なので、ステップワゴンのファンにはのどから手が出るほど欲しいように思えるのではないでしょうか。

問題はステップワゴンの値引き事情です。今までは人気薄車種ということで50万円近い値引きがされるようなこともありましたが、新型ということで値引きは一気に渋くなる見込みです。値引きだけならオデッセイあたりのほうが選びやすいかもしれませんね。ただ、先ほどもいったようにハイブリッドがないので、ヴォクシーやノアなどに対抗するためにしばらくしたら値引き幅はだんだん拡大していくことでしょう。ハイブリッドもそのうち出るようなので、そのときにはぐっと渋い車種になるかと思いますが。