楽器について調べてみた!

ユーフォニアムは楽器のひとつの種類であり、数回巻かれた円錐管と、一般的に4つのバルブを持ちます。柔らかく丸みのある音色を発します。
それぞれの国おいていろいろな形のユーフォニアムがありますピアノは、ハンマーで弦を叩いて発音する鍵盤楽器のひとつであり、一般に据え付けて用いる大きな楽器で現在の標準的なピアノは88鍵を備え音域の範囲が大きく古典的オーケストラのすべての音域より広いです。ギターは弦楽器で6本の弦を持っています大まかな分類としては、箱状のボディーで生の音を共鳴器として使って音を拡声させた楽器と電気増幅回路とピックアップを使って音を拡声させる楽器の2種類に大別します。

クラリネットは管楽器の一種で、一枚のリードを振るわせて音を奏でる木管楽器なのです。本体は大きく4つに分解することができ、吹き口の側からマウスピース、バレル、管体、ベルと呼ばれます。

キーシステムによって穴を開閉し、広い音域を出すことが可能になりました。トランペットは管楽器の一種であり、管は円錐形だが、全長に対し円筒部分の割合が大きく、楕円状に巻かれて、その中に3つのピストンを備えています。バルブで管長を変えることによって音高を変化させます。